「農業資材会社向けオンライン指導サービス」開始しました!

こんにちは!
アグティー事務局の井上です。
先日開始いたしました「農業資材会社向けアグティー」について詳しく説明させていただきたいと思います。
リリース文章はこちら

【目次】

0. そもそもアグティーとは

1. アグティーの現状について

2. 農業資材会社向けアグティーとは

3. 農業資材会社の指導員の現状について

4. 導入企業様のコメント

5. まとめ

 

0.そもそもアグティーとは?

 

今回、初めてアグティーの記事を見た方にアグティーについて説明させていただきます。

悩みを持った農家さんがアグティーを通してプロ農家などに相談し、同意が得られたら対価を支払いチャットやビデオ通話を通して指導を受けられるというサービスです。(アドバイザー様のご好意で無料で相談に乗ってもらえることがあります。)

1.アグティーの現状について


アグティーは6月現在235名、アドバイザー85名の方に登録をいただいております。
アドバイザーの内訳は野菜55件、果樹20件、花卉2件、穀物20件、キノコ1件、畜産10件、その他(経営、農機具等)23件となっており、花卉やキノコのアドバイザーは少ないもののある程度の品目がカバーできるようになっております。

2.農業資材会社向けアグティーとは


農業資材会社は、自社製品を購入してくれたユーザーにアグティーに登録していただき製品についての相談などをアグティーのチャットとビデオ通話を使って指導、説明することが可能です。

一人でも多くの農業者を救いたい

農業資材メーカーの多くが問屋か販売店に卸すためあまり農家との接点がないと思われています。しかし購入した農業者は資材の利用方法がわからない場合、直接農業資材メーカーに電話し、時には現場に来てもらい無償で指導してもらっています。中にはメールや画像でも解決できる案件もあり、「アグティー」のチャットとビデオ通話を活用することで現場に行かなくても農業者の課題が解決されることが期待されます。

農業資材のプロは栽培指導のプロ

農業者の皆様はご存じかと思いますが、農業資材会社には栽培指導員がいます。企業によっては営業がその役割を果たしている場合もありますが農業者は農業資材会社の指導員から指導を受けることができ、資材の使い方から栽培方法の知識を得ることができます。指導員の中にはその分野のプロもおり、栽培技術も非常に高いと言われています。しかし各社、大勢の指導員がいるわけではないので、少人数で全国を回らなくてはいけません。「アグティー」を使えば多くの農業者にチャットとビデオ通話を使って農業指導することができます。また農業資材会社も農業者の課題によっては自社商品のPRもすることができるため、農業者と農業資材会社にとってメリットのあるサービスとなっています。

3.農業資材会社の指導員の現状について


ある農業資材メーカーのヒアリングによると農繁期には1日数十件の問い合わせ電話がくると回答しました。農繁期だけの人員の確保や知識のある人材の確保は非常に難しく、各農業資材メーカーは頭を悩ませています。しかし「アグティー」を窓口としチャットとビデオ通話を活用することで指導員のペースで回答することができ、作業の効率化を実現することが可能です。また同じ質問に関しては回答のコピー&ペーストも可能で、質問が増えてきた場合は「よくある質問」としてまとめることも可能です。

4.導入企業様のコメント

株式会社サンホープ 様

かん水は収量や品質、農作業の効率に大きく影響しますが、雨の降る日本ではその必要性や効果についてまだまだ知られていません。創業以来培ってきたかん水の知識で、かん水に少しでも興味を持っている方々のお役に立つ機会を得たくアドバイザー登録しました。

5.まとめ

今回30近い農業資材会社と打ち合わせさせていただきながら、農業者にとってどういうサービスであればよいか考え、こちらのサービスを開始させていただくことにしました。
また農業者だけでなく農業資材会社も遠方に行くコスト削減、問い合わせ電話の対応削減などメリットがあるサービスとなっております。資材の使い方に関する指導の専門問い合わせフォームとしても良いかもしれませんね。
農業者も農業資材会社もいいようにアグティーを使い倒していただければと思います。
質問等ありましたらお気軽にお問合せください。
お問合せはこちら

タグ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です