【コラボ】「顔が見える農業」へ 農水省×吉本興業@アグティーピックアップニュース

生産者の顔が見える農業を目指し、農林水産省が吉本興業とコラボすることが発表されました。

記事はこちら

手軽に食べられるものが増え生産者の顔が見えにくい現状を受け、農水省が吉本興業とコラボして、食に関するコンビ名の芸人が農業の現場を取材しました。

「COWCOW」は、みそ汁に牛乳を入れたらおいしくなる、牛乳を飲めば電気ビリビリが痛くないという噂を検証しています。「銀シャリ」は、オナラに含まれるメタンを減らす技術を見学しプロジェクトのホームページで動画を公開しています。 銀シャリ・橋本直さん「楽しくお勉強できるという感じになっております。

なぜこういう取り組みをされてるのかも分かりますから、ぜひ見ていただきたい」 農水省では、食や生産者に興味を持ってほしいとしています。 (2021年12月1日日本テレビ放送より)

アグティー事務局のコメント

芸能界の方々がこのように農業に関わってくれることは非常にありがたいことだと思います。

農家の皆さんは自分で発信する時間も少ないですし、得意でない方もいるので芸能人のかたが全国を回って色んな農家さんをピックアップして紹介する!みたいなことを行ったら面白そうですね!

農業の悩みをプロに相談しよう!

アグティーでは農業の悩みをアグティーに所属するアドバイザーに相談することが可能です。

令和3年12月現在120名のアドバイザーが所属しており、栽培の課題から経営の課題まで幅広く対応することが可能です。

登録は無料ですので気軽に登録してみてください!

アグティーサービスはこちら

タグ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です