【アグティーのピックアップニュース】”スマート”にイチゴ選果・パック詰め 国内初導入システムで農家の負担軽減

作業が重労働であることから後継者不足や高齢化が進み生産者数が減少している作物の一つです。そんな課題解決に向けイチゴもスマート農業が進んでいます。

空いた時間にゆっくり休むも良し他の作物や規模の拡大、経営面に時間を費やすも良し、さらには新規就農者の獲得にも期待がかかります。

記事はこちら

(2021年1月21日サガテレビより)

アグティー事務局のコメント

農業のスマート化は現代の日本社会が抱える課題を解決するために必要不可欠なのではないでしょうか。イチゴのパック詰めの作業が効率化されることで空いた時間が増え、利益拡大を目指すことができれば、農業に興味関心を持つ若者も増えるという相乗効果を生むことができると思うので、こういった技術が全国各地に広まっていけばいいのではないかと思います。

 

農業の悩みをプロに相談しよう!

アグティーでは農業の悩みをアグティーに所属するアドバイザーに相談することが可能です。

令和3年12月現在120名のアドバイザーが所属しており、栽培の課題から経営の課題まで幅広く対応することが可能です。

登録は無料ですので気軽に登録してみてください!

アグティーサービスはこちら

タグ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です